DIG WHAT!?-開発部-

包丁、日本酒、次のヒットは?
日本が誇る文化を世界へ。

新商品の発掘と輸出入を手がける開発部では、これまで乳酸菌や乳タンパクといった食品原料の輸入をメインにしてきました。輸入の売り上げが90%を超えるなか、輸出も増やしたい。輸入拠点だった海外事務所をハブとして、メイドインジャパンを海外へ。日本のいいものを掘り起こしています。

乳製品の原料を輸入。
世界1位のメーカーの、
認定代理店です。

開発部が輸入販売してきたのは、乳酸菌、酵素、乳タンパク、乳糖といった食品原料。チーズに強い野澤組だけに、乳製品まわりの商材がメインです。乳酸菌はヨーグルトやチーズの製造に必要不可欠。デンマークにある世界1位のメーカーに認定された、唯一の日本エージェントである私たちが、日本の乳製品メーカー各社に販売しています。
乳タンパクや乳糖は、チーズ製造の際に生まれる副産物です。これをドイツやオーストラリアから輸入して日本企業に販売。プロテインやスープ、お茶づけの素、チョコレートなどに使われています。特にプロテインに使われる乳タンパクはスポーツクラブ向けを想定していましたが、コロナ禍の巣篭もり需要でトレーニングを始める人が増加。ECで大きく販売を伸ばしました。

メイドインジャパンは、高い。
高くても買われる、
最高級の品質を。

輸入だけでなく、メイドインジャパンの輸出にも力を入れています。その第1弾となったのが、2007年に販売開始した、自社包丁ブランドTAMAHAGANEです。海外の展示会でトマトを切ってもらうだけで、その切れ味の鋭さは伝わる。ロンドンの高級デパート「ハロッズ」でも扱われ、世界各国のシェフに使用されるほど、クオリティが認められています。
また、包丁に加えて洋食器など家庭用品だけでなく、ここ数年は日本酒やクラフトビールにも手を広げています。オランダ、ドイツ、フランス、デンマーク、ポーランドなど、日本酒文化のない欧米に紹介。日本酒も大手酒造メーカーのものではなく、地酒などこだわり抜かれたユニークな逸品をチョイス。クオリティを伝えています。

え、「茶室」って
輸出できるんですか?
モノだけじゃない。
文化とストーリーを届ける。

最近、開発部が手がけ始めたのが、お茶。北米やアジア圏では人気の高い抹茶を、ヨーロッパ各国へ。メインとなる開拓先はティーショップですが、オーガニック志向が一気に高まっているヨーロッパではスーパーマーケットでの販売も狙える。戦略を練っています。
お茶の輸出ならまだまだ常識的ですが、野澤組はなんと茶室も輸出。有名大工を知人に持つ社員のアイデアで、200万円代から買える組み立て式の茶室を海外富裕層に紹介。家で茶会が開けます。フランスの個人顧客への販売だけではなく、現在はマレーシア個人顧客との商談も進んでいます。地酒や有名大工による茶室など、私たちが大事にしているのは、商品の品質だけでなく、その裏側に潜むストーリー。外国人が共感し、憧れるメイドインジャパンを発掘し、まずは自分がとことん理解する仕事です。

-DIG&DIGなエピソード-

かわいい子には、
海外を旅させよ。

どんな日本製品なら人気が出るか。開発部社員に重要なのは、海外目線を考えられる想像力と共感力です。そのためには、やっぱり海外を肌で感じなくては。5年におよぶ海外駐在は、当たり前。海外転勤も当たり前。学生時代には海外旅行を重ねることがオススメです。

和食レストラン事情に
詳しくなる。

たとえばオランダなら、寿司のテイクアウトは以前の流行で、今は焼き鳥や串揚げが流行っている、とか。日本酒はアルコール度数が強いと勘違いされている、とか。「今流行りの食べ物に合う飲み物はこれだ」「懸念を解消するには、こんな商品を作らないと」などなど、アイデアのヒントになります。

製造現場をよく観察しろ。

地方の酒蔵や、日本茶の製造工場に、絶対に赴く。それは商品ストーリーを理解し、お客様に伝えられるようにするため。こだわりが感じられるクールなビジュアルも重要。海外に紹介するための写真やビデオも撮影します。

-私のDIG&DIG-

日本語、日本食を勉強したい!
アムステルダムで奮闘中。

メルビン・デ・
カイパー
開発部2016年入社

日本語、日本食を勉強したい!
アムステルダムで奮闘中。

日本人も知らないローカルを、
オランダに紹介する。

大学の時に1年間長崎に行って、日本語の勉強していました。アニメをきっかけに好きになった日本。テレビ番組をたくさん見て自然な日本語の勉強していました。オランダの大学を卒業して、オランダで日本の旅行会社に勤めた後に野澤組に出会って。直接日本と関わる仕事はアムステルダムにはなかなかなくて、大手だと日本語は必要ないのでオランダの会社と一緒。野澤組は小さい、家族みたいな会社。もっと日本語が話せるようになると思って入社しました。日本人も知らないローカルの商品をオランダ人に紹介することが好きです。山形の酒蔵さんのお酒とか。

ロンドンへ利き酒留学。
日本酒のイメージを変えたい。

オランダでは日本メーカーのビールが流行っています。でも、日本から輸入したものではなくて、製造はヨーロッパで行っているんです。私は新潟のコシヒカリで作ったメイドインジャパンのクラフトビールを売っています。日本酒も扱っています。オランダにはビール文化はあるけど、日本酒文化はない。熱燗のイメージがあるので、冷酒を飲ませたらびっくりする。ワインと似ているイメージもあるので、その説明もする。日本酒はワインと違ってフレッシュがいい。生酒を冷やして運ぶと高くなる。日本酒は高い代わりに美味しいと伝えたい。数年前にロンドンで勉強した利き酒師の資格を活かして、お客さんに教えています。

日本酒×アニメ。
こんにゃく。お茶。
もはや日本食コンサルタントかも。

日本酒を売りに、アニメマーケットに出展しています。アニメが好きな人は若いので難しいですが、オランダは18歳からお酒が飲めますし、家族連れで来ていたらお父さんお母さんに紹介もできます。アニメが好きな人は日本のものに興味を持ちやすいですし。出展は1人だと大変なので、お父さんに手伝ってもらっています。
お酒以外も何でも扱います。オランダに住んでいる日本人にこんにゃくを頼まれ、特別に輸入しました。最近はオーガニック商品にも興味があり、次はお茶を予定しています。お酒以上に、流行ると思う。オランダ人には「抹茶は美味しい」というイメージがすでにあるので。もっと勉強したい。営業じゃなくて日本食コンサルタントになるべきかな(笑)。